Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

JUGEMテーマ:ファッション
“今年の夏は、、、”


北新地ジャックをご覧の皆様、お久しぶりでございます。

ZIEL Planning 南浦でございます。

GW前の更新はあまりの忙しさに一度お休みをしてしまいました、、、、

いつも楽しみにして頂いている読者の皆様、申し訳ありません。
(あまりいないような気が致しますが、、、)

さて、
連休前はいささか肌寒い日が続いておりましたが、

ようやく暖かくというか、ここ数日は何か変に蒸し暑いですね。

例年であれば、これからの暑さも毎年のことですから、

どうってことはありませんが、今年は少々事情が違います、、、

そう!それは電力不足による全国的な節電です!!

もはや日本の夏の風物詩となったクールビズも今年は一ヶ月前倒しで

5/1から既に始まっていること、皆さんご存知でした?

つい先日も東京にお住まいのお客様よりスーツorderのキャンセルがきました、、、、

ヤ、ヤバイ、、、これは死活問題や、、、、と戦々恐々としている店舗が多い中、
(リネンのスーツやハーフパンツのスーツ?の提案を企画しているお店もあるようです)

私はうろたえたりは致しません!逆境の時こそビジネスチャンスです!!

冷房が効かない→効かせられない→大量に汗をかく→クリーニングの頻度が高くなる

→数が必要となる、のではないでしょうか?

確かに耐久性に難のある高級素材は敬遠されるでしょうが、

清涼感を感じる事の出来る素材や仕様は必ず需要があるはず!!

もう既に↑準備済みでございます、フッ、フッ、フッ(´,_ゝ`)

このブログをご覧の方でご興味がございましたら、

是非お気軽にお問い合わせ下さい。

PS:本当は白洲次郎の様に暑い夏は涼しい麻のスーツを召されれば、

最高に粋で格好良いのですが、、、、今の日本の一般企業に

それを受け入れる懐の深さというか、メンタリティは、、、無いでしょう。

ただ、夏の節電ブームは来年以降も続くでしょうから、

涼に対する考え方や手法は先人達の教えを乞う事が多くなるのでは無いかと思います。

そうなれば、ビジネスファッションの考え方にも変化が訪れるような気が致します。

ただ、、、消費活動は衰えていくんだろうなぁ〜

  • 2011.05.20 Friday
  • 09:06

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

 ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話
“震災被害”

皆さん、こんにちは。

日頃の努力の賜物(ジョギング)でようやく体脂肪率が一桁台を

キープ出来る様になりました。

しかし、慣れとは怖いものでして、ジョギングを初めて早3ヶ月、

ただ単に走るだけでは満足出来ず、最近では0.5kgのリストバンドを

両手首にはめて走っております。

一体、自分自身何を目指しているのか、分からなくなってまいりました、、、、

人生迷走中のZIEL Planning 南浦でございます。


さて、
地震発生から早くも1ヶ月が経ち、徐々に復旧、復興が進みつつある中で、

それに冷水をかけるかのごとく、マグニチュード6前後の余震が続いております。

幸いにも取引のある青森の縫製工場に直接的な被害はありませんでしたが、

過剰な自粛ムードに影響された二次被害が深刻化しております。

これは縫製工場だけに限らず、百貨店を始めとする高額衣料品を扱う店舗からの

悲鳴が強く聞こえてきます。

東北地方がこんな大変な時期に欲求を満たす為だけの贅沢品の買い物なんて、、、、

と躊躇する気持ちや被災地の方々にと、義援金を集めて寄付する事も勿論大切ではありますが、

運好く被災を免れた我々がこれから行うべき事はしっかりとした継続的経済活動を行う事では

ないでしょうか?

特にスーツは今夏、関東地方での電力不足の懸念からかなりの売行ダウンが見込まれます。

おそらく冷房の設定温度もこれまで以上に上がり、また去年の様な猛暑だと、

必然的に着る物を変化させなくてはなりません。


例えば、半袖の開襟シャツや夏場のカジュアル素材でもある麻(リネン)のスーツやジャケットが

ビジネスウェアとして受け入れられるのではないかと思います。

こういった事から消費が促進され、長らく厳しい状況が続いていたファッション業界が活性化し、

結果、それが復興支援に繋がれば、、、

メディアも被災地の現状や原発のニュースを繰り返し放送して自粛ムードを煽るのではなく、

こういった時にこそ、日本国民を鼓舞させるような情報発信を切に願います。
JUGEMテーマ:大阪
  • 2011.04.15 Friday
  • 12:22

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

JUGEMテーマ:ファッション

“成すべき事と出来得る事”

皆さん、こんにちは。

ZIEL Planning 南浦でございます。

まずは、今月11日午後に発生した東北地方太平洋沖自身により

被災された皆様に心からのお見舞を申し上げると共に、

尊い命を落とされた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

また、一日も早い復興を心より願います。

さて、
今回の地震、発生から約2週間経ってまだまだ多くの安否不明の方がおられますが、

自衛隊を中心とした懸命な作業のお陰で徐々に復旧への道筋が僅かながら見えてきたように思われます。

私の自宅近くにある、統廃合によって廃校となった小学校にて福島県の被災者受け入れが始まりました。

各地で行われている様々な被災者支援及び復興支援ですが、私の業界でも“何か出来る事は無いか?”

という事で売上の一部を義援金として寄付するという主旨のチャリティを行う店舗が多々ございます。

これ自体は非常に素晴らしい志を持った事であると思いますが、しかしこれは体良く言えば、

チャリティと言う名の一種の販促とも言えるのではないでしょうか?
(決してケチを付けている訳ではございません、あくまで個人的主観でございます)

更に突っ込んで言えば、義援金を集める事は我々テーラーの仕事なのでしょうか?

その集めた義援金が被災地のどこに届けられ、きちんと使用されたかを一体誰が証明するのでしょうか?

被災地が元の町並みに、被災者の方々が元の生活に戻るにはこれから何年もの歳月が必要です。

今は発生直後ですから世間の関心は高いのも当然ですが、これが半年、一年と経てばどうでしょうか?

今は声高に叫んでおられる人達も一度の寄付や物資の支援で自身の出来得る事は果たした感をお持ちに

なられるのではただの一時的なパフォーマンスに過ぎません。

私が思うに、今成すべき事は今回被災した地域及び被災者の方々が元の姿に戻るまで関心を持ち続ける事、

そして出来得る事は義援金を集める事では無く、より多くの義援金が集まるように様々な方面に発信する事では無いかと考えます。

今だけ大きな立振舞をするのではなく、小さな事でも継続的に行う事の方が遥かに意味のあり、素晴らしい事ではないでしょうか?

好き勝手な事を書きました。これを読まれて気分を害された方もいらっしゃるかと思いますが、

他への批評では無く、自分自身に対してのメッセージとして書きました。

その点をご理解して頂けましたら幸いでございます。



  • 2011.04.01 Friday
  • 09:00

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

 JUGEMテーマ:ファッション

“クレーム”


皆さん、こんにちは。

ミッドナイトジョガーになって早や1ヶ月半、今やジョギング中心のライフスタイルに。

折りからの健康志向に感化され、溜りに溜った毒素もデトックス、すっかり真人間に生まれ変わった気が致します。

朱に交われば真っ赤っかになる、ZIEL Planning 南浦でございます。

まず本題に入る前に皆さんに断っておきますが、



実は私、、、、、



北新地に全く円も縁もございません!!!

たまに飲みに行くか、忘れた頃にクリーンアップに参加する程度で、

北新地に店舗がある訳でも、お客さんがいる訳でもありません!!

ですので、これからは堂々と北新地以外の事を書きたいと思います!(あ〜っ、スッキリした!)

さて、
今回の御題目が“クレーム”

社会と言う器の中で性格も考え方もライフスタイルも異なる赤の他人と共存していると必ず起こり得るもの。

皆さんも一度や二度は遭遇したご経験がお有りかと思います。

私も物販業のはしくれ、絶対に避けられませんが、最近やたらと身の回りで起こることが多い!

それも受ける立場では無く、付ける側。それも非常に小さい事だから余計に腹が立つ。(決して悪質クレーマーではございません)

要は謝罪の前に言い訳をする、お互い話し合って決めた約束事を平気で忘れる。

こんな本当につまらない事が頻繁に起きるんです!

私も前職は部下を従える身でしたので、現場の最終責任者として数多くのクレーム対応をしてまいりました。

“誠意ある謝罪”“迅速な対応”“約束事の履行”この3つで大体のクレームは解決するのに、

こんなに同じ様な事ばかりが起きるのは、もはや個人の素質ではなくて現在社会が生み出す弊害なのでしょうか?

私はクレームはビジネスチャンスだと考えています。


キチンと対応すれば、そのお客様とはそれまで以上に強い絆で結ばれる。(もちろん全てに当てはまりませんが)

逆はそのお客様一人だけで無く、連鎖していく可能性もある、、、

未だに後者の方が根深いのでしょう。

だからクレームから逃げたり、詰めが甘かったりするのでしょうね。

部下や身内であれば、じっくりと話し合う事も出来ますが、他人(他社)であれば、そうはいかないし、、、

一人正論を吐けば煙たがられるし、、、住みにくいだけでなく、真面目に商売する事も難しい時代になりました。

味方は少なくとも、流される事無く、コツコツと努力するしか無いですね。

皆さんも高い志を持って頑張りましょう♪
  • 2011.03.04 Friday
  • 03:09

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

JUGEMテーマ:ファッション

“反動”

皆さん、こんにちは。

1ヶ月程前からジョギングを始め、毎日15キロ走っているZIEL Planning南浦でございます。

お陰でふくらはぎが爆発寸前です、、、

しかし、最盛期(去年の11月頃)からもう8キロ痩せました!体脂肪率も2ケタ台目前です!!

この調子で頑張ります!目標は来年(2012年)の大阪マラソン出場&完走です。

その前に抽選で選ばれるかどうかですが、、、、

さて、
前回の締めで今回は北新地絡みのネタで、とお伝え致しましたが、

あいにく先週も今週も北新地に近付く事すら無かったので、

今回はちょっと真面目に業界のお話を一つ、、、(なんか落語調ですね)


一時期、70円台目前にまで迫った円高ですが、最近はやや落ち着き、82円〜83円台で推移しています。

スーパーなどの流通業界では外国産の食材等を円高差益還元セールと銘打っているところもありますが、

それ以外ではあまり円高の恩恵を享受していないように感じませんか?

そう、そうなんです!それは円高で輸入コストが下がる以上に原材料が高騰しているから。
(身近な例で言うとガソリンが最も分かり易いかと思います)

私の業界ではスーツの生地の原材料である羊毛の価格も軒並み過去最高を更新しております。

各社、企業努力で質は落とさずに従来より使用量を若干減らすなどして、

乗り切っておりますがこれも限界があります。

またヨーロッパの一流処の製品は大量消費が見込まれる中国市場にターゲットを絞り、

日本の市場はもはや見放されつつある、、、

先日、日本国債の格付けが引き下げられましたが、これが引き金になり円安になろうものならば、、、

中国の安い労働力で日本のデフレが起こり、それによって力を付けた中国の経済力で日本のデフレが終わる、、、

何とも皮肉な話ですね。

人事みたいな終わり方ですが、今回はこの辺で。

次回こそは北新地ネタで書きたいと思います。
  • 2011.02.19 Saturday
  • 14:06

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

 ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

“たばこは就活にマイナス?”


最近非常に忙しく、とんと北新地から足が遠のいているZIEL Planning南浦でございます。

本日(2/3 執筆)は北新地では“おばけの日”なんですね、、、

そんな楽しい日にも関わらず、朝からスーツの納品や発送、クレームに追われる始末。

早々に堺(自宅兼作業場)からの北上は諦め、一人寂しくブログ用の原稿作成に勤しんでおります、、、

皆さん、私の分まで存分に楽しんで下さい!

さて、
先日、といってもしばらく前ですが、NETのニュースを見ていると掲題の見出しが目に留まったので

ちょっと見てみると、厚生労働省が一般企業の採用担当者に対し、新卒採用時に喫煙が採用基準の一つに

なるか否かという主旨のモノでした。

その結果は何と!!!

 新卒採用時に喫煙が影響する可能性は?
 「ある」と「少しはある」を合わせ49%、
 「ない」が51%。

ですって!

今やたばこを吸っているだけで就きたい仕事に就けず、入りたい会社には入れない時代になり(なりつつ)ました。

私の頃(今から18年前、1992年頃)では考えられなかった事です。


この結果、皆さんはどう思われますか?賛成or反対?

私は1年前から禁煙(現在も継続中)を始めた身ですので、どちらの気持ちも分かりますが、

↑の通りだと思います。

と言うのも、私の生業(スーツの仕立)では服にニオイがついてしまう可能性がありますし、

不始末で火事に、なんて事も有り得るからです。

ただ、この場合の真意は勤務中にたばこを吸う時間の利益損失及びアメリカ企業の人事評価基準の様に

太っている人は自己管理が出来ていない=重要な仕事は出来ない、と言うロジックかと思います。

今や嫌煙家になった私ですが、仕事の合間の一服のささやかな快感には忘れ難いものがございます。

世の中だけでなく、何事も風向きが悪くなると、これまでは何のお咎めも無かった物に矛先が向いてしまい

あっと言う間に敵視されてしまう、、、(まるで大阪市のように、、、)

がんじがらめで過ごしにくい世の中になりました。

景気が良ければ、このような話題が取り上げられることもきっと無いのでしょうね。

次回こそは北新地に関係のある事をお届けしたいと思います。






JUGEMテーマ:大阪
  • 2011.02.05 Saturday
  • 05:02

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

 “抱負”

北新地ジャックをご覧の皆様、遅ればせながら“あけましておめでとうございます”
ZIEL Planning南浦でございます。

2011年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、
皆様におかれましては、既にフルスロットルでお仕事に励まれておられるかと思いますが、
今年の抱負はもうお決めになられましたか?

年始直ぐの新聞には各界の著名人の“今年はこうなるorこうしよう”といった力強い言葉が目につきます。

斯く言う私もこれまで他言することなく、毎年心密かに抱負を掲げておりましたが、
どちらかといえば、ストイックに目標に向けて邁進するというよりかは、
こうなれば良いな、といったニュアンスの曖昧なモノでした。

しかもそのようなヌル〜い抱負など一年中覚えている訳も無く、
春先には遥か忘却の彼方、、、、

人間はとかく自分に都合の悪い事は直ぐに忘れるもの。

ですから今年ははっきりと意思表示する事で退路を断つことにしました。

その上で今年の抱負はと申しますと、、、、

1.結婚!

2.店を持つ!

現在の私は独身未婚、実家住まい、無店舗単身販売、と極めてlowriskで営業をしております。

逆に言えば、両肩に重くのしかかるものは何も無く、身軽で非常に気楽であります。

しかし、自ら進んで責任(risk)を背負い込む事で自身でも驚く程の力を発揮出来るのでは?
と考えております。

一年後、この2つの抱負(目標)が達成出来ていなければ、どうぞ厳しい言葉を浴びせて頂ければと思います。

それがまた来年、実現に向けての原動力になるのですから。

皆さんも高らかに宣言してお互いにストイックにこの一年頑張ってみませんか?

PS:只今、オーダースーツのセールを開催しております。

ご興味をお持ちの方はどうぞお気軽にsouthmm@ybb.ne.jpまで

尚、詳しくはhttp://ziel.exblog.jp/をご覧下さい。JUGEMテーマ:ファッション
  • 2011.01.22 Saturday
  • 06:59

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

 ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話



皆様、Merry-X'mas!

最近、飲んでは必ず記憶を無くすZIEL 南浦でございます。

只今、年賀状の宛名を印刷しながら原稿を作成しております、、、

もっと早くから用意しておけば良いものを後回しにするから、

最後の最後にそのツケが回ってくる、、、小学生の時から何ら変わっておりません。

情けない限りでございます。

来年こそは慌てることなく準備したいと思います。

さて、

いよいよ2010年も残すところ、後一週間足らずとなりました。

今朝の産経新聞の朝刊に今年発行された号外の特集をしておりましたが、

その内の約6割が政局の混迷や外交問題等のネガティブなモノ。

皆さん、この一年を振り返ってみていかがでしたか?

低迷する景気の波に揉まれ翻弄された方、逆にそれらに抗い大きく飛躍された方、様々かと思いますが、

私自身は独立二年目に突入し、前年実績を辛うじてクリアしつつ、着実にステップアップ出来た一年でした。

来年は三年目、本厄です(笑)

傲ること無く、浮かれること無く、過信すること無く、地に足を付けて、

おそらく激動となるであろう2011年を乗り越えてまいりたいと思います。

皆さんも共に頑張りましょう。

良い年をお迎え下さい。

それではまた来年お逢いしましょう♪

ブログはこちら http://ziel.exblog.jp/





  • 2010.12.25 Saturday
  • 12:32

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

JUGEMテーマ:ファッション

皆様、こんにちは。

連日連夜の忘年会(飲み会)続きで破産寸前のZIEL 南浦でございます。

ここに来てまた一段と寒さが増し、年の瀬らしくなってまいりましたが、

一昔前の慌ただしさは一体どこへやら?

飲食店関係の方々はこの時期が書き入れ時でしょうが、

私の仕事では殆ど年末だから云々といったニーズは無いに等しい、、、

それこそ一昔前だと、仕事始めには新しいスーツで、とか、年明けにはセールだしなぁ、

とかお客様から何かしらのアクションがあったものですが、ここ数年は全く以て静かなモンです。

これもデフレ+不景気の影響で消費者がモノから受ける価格的なメリットが薄らいでいるからなのでしょう。

今後、人口も減少し、国内消費も衰えていく中で我々小売業は人と同じ事を同じスピードで行っていては

生き残って行けません。

小手先の策を弄するのでは無く、“高い目標、強い信念、不断の努力”を持って頑張りたいと思います。

さて、いつもの様に前置きが長くなりましたが、今回は最近、色々な人に相談をする&持ち掛けられる中で

感じた事を書きたいと思います。

人は他人のアラというか、分析、批評は非常に的確ですが、対策は全く無策な事が多い。

例えば、今月資金繰りが厳しいと相談すれば、何故そうなったか、そのような事をしていれば当然苦しくなる、

このような厳しい言葉を頂くのですが、原因は分かったのでどうすれば?と問うと、それは自分で考えろと。

じゃあ、軽率に相談に乗るな、と言いたいところですが、軽く相談した手前、そんな事は言えないし、、、

という風な全く持って不毛な事が繰り返されております。

そんな中で改めて思う事は、一から十まで話を聞いて、これが原因だから今後はこんな対策をして、、、

と同化して話をするのでは無く、良い意味で一段上から“楽勝でしょ?とっとと解決して楽しく遊ぼうよ”

なんて軽く励ましてあげる方がお互いにとってモチベーションが上がるのでは?と考えたりしています。

相談者と同化して自分までネガティブになるなんて馬鹿馬鹿しいですし、

相手を元気付けつつ、同時に自分にも言い聞かせる、“大丈夫!何とかなるさ”この気持ちも

これからの時代を生き抜くのに大切なキーワードではないでしょうか?

年内はもう一回、寄稿の予定です。

何を書こうかな?

また次回、お逢いしましょう♪

ブログはこちら http://ziel.exblog.jp/

  • 2010.12.11 Saturday
  • 07:41

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

ZIEL 南浦 独身四十男の四方山話

 JUGEMテーマ:ファッション

title:“professional”

皆様、こんにちは。

最近、非常に忙しい毎日を送っているZIEL 南浦でございます。

厳しい景気の中、多くのご注文を頂き、非常に有り難い限りでございます。

その反面、“こんなに好調で良いのかな?”とか“いつまでこの調子が続くのか?”等と考えると、

いささか不安になったりもします。

しかし、やるべきことはただ一つ、好調でも浮かれることなく、不調でも落ち込むことなく、

皆様にご満足頂けるスーツをご提供する、これをしっかりと守って行きたいと思います。

さて、今回は北新地とは何ら関係ありませんが、先日旅行に行った時のお話をしたいと思います。

年に一度、母方の親戚連中と様々な所へ旅行に行きます。

これまでは下関や富山、高知に高松へ参りましたが、今回は能登半島北部にある“百楽荘”(http://www.100raku.com/)へ。

こちらのお宿、私自身は二度目の訪問、前回が素晴らしかったので今回は親戚を引き連れての再訪となりました。

大阪から車で約6時間(独りで運転です)、名神・北陸・能登自動車道を乗り継ぎ、ようやく到着。

やはりロケーションは素晴らしい。二度目でも感動します。

車を停め降りようとした時、一人の男性スタッフが近づいて来て、“南浦さま、ようこそいらっしゃいませ”と

言うではありませんか!

“名乗っても無いのに何故分かったの?”と問うと、この日5名での宿泊は私達だけで、

車のナンバー(和泉ナンバー)を見て確信したそうです。

思わず“プロやな〜”っと唸ってしまいました。

この他にも随所に細やかな心遣いが行き届いております。

お客様を“もてなす”ということはこういう事なんだ、と改めて実感出来るお宿です。

自身の接客レベルを上げるには、優れた接客を受けるのが最も大切。

大阪からは少々遠くて、お値段もそこそこですが、苦労して行く価値は大ですよ。

皆さんも是非。(今回は宣伝みたいになってしまいましたね)

また次回にお逢いしましょう♪


  • 2010.11.27 Saturday
  • 06:33